▼おすすめ関連動画▼
欅坂46てち2017紅白出場を前に自身の心境を暴露。これは卒業も考えた理由にも納得…。


欅坂46てち 2017年年収調査をした結果に衝撃。紅白歌合戦でもセンター頑張る裏側に涙…。

欅坂46てち 5thでのイメチェン理由が判明。風に吹かれても負けない笑顔の裏には闇がある…。

引用元

【欅坂46】平手友梨奈がライブ演出を提案しアルバム制作にも携わってるという事実wwwwww


BGM:YouTube Audio Library “Stoker”
https://www.youtube.com/watch?v=lZpADw3jdjI

みんなの反応

  1. てち賛美?演出家が表現者に対して演出助手を許し、意見を取り入れ演出したら、観客受けの良い箇所となり、演出助手の
    てちの才能の賛美に成り下がって、調子に乗った表現者が勘違いして、以降、演出に口出しして、ドツボにはまるパターン。 表現者が演出に意見を出すことを容認する演出者の度量を賛美するべきで、てち以外にも、既に、振り付けに意見を出し合ったりもしているし、さとしのように美大現役生として才能を活用されている顕著な例もある。表現者としての意識が高ければより良い表現を求めて当然のこと。演じるごとにクォリティが高められ、維持出来るように成ってこそ芸歴を誇れる。
    てち一人が運営の戦略として脚光を浴びることが多過ぎるようだが、チームプレーは他の目立たないメンバー達の協力があ
    ればこそ成り立つ。徐々、他のメンバーの売り込みの時期が到来しているようだ。メンバーの適正も把握出来た頃だから、
    より高みの坂を登るための施策が必要。頭打ちの危険性や健康面、生活面を考慮して対策を考慮すべき時期が来ている。
    あまりにも速いスピードで坂を登って来た反動で対策が追いつかない状態をなんとかしないといけない。
    才能の無駄遣いも才能の持ち上げすぎも本人も負担になることを意識せよ。

タグ一覧

関連記事